スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長官狙撃「捜査結果」の中身 オウム幹部「疑わしい」行動とは(J-CASTニュース)

 警察庁長官狙撃事件について、警視庁が、「オウムのテロ」と断ずるまでの詳細な捜査経過をサイト上で公開した。しかし、当の元長官ですら違和感を持つ内容で、暴走したともされる公安部のメンツを保つだけの目的ではないか、と疑問が出ている。

 警視庁サイト上で、16ページにもわたってつづられた「警察庁長官狙撃事件の捜査結果概要」。そこには、A~Hまでの匿名で、当時のオウム真理教幹部ら8人の「疑わしい」行動が詳細に記されている。

■狙撃事件3日前に「敵の仇は敵にやらせる」

 それによると、事件を明示または黙示したと警視庁が推認した麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚は、総選挙惨敗などの後、1992年ごろから教団の武装化を説くようになった。殺人も容認して、「警察官を全てポアする」と襲撃計画を練り、警察の捜査もかく乱しようと、95年3月20日には、地下鉄サリン事件を起こした。

 そんな中で、松本死刑囚の指示を受け、省庁制を取っていた教団のE大臣が、狙撃事件があった同30日の3日前に、D元幹部に次のようなことを伝えた。

  「敵の仇は敵にやらせる」

 つまり、警察官への襲撃は警察官にやらせるということだ。E大臣はサリン事件捜査の妨害を考えていたフシがあり、D元幹部は、在家信者だった当時の警視庁A巡査長に連絡した。A巡査長は、「できること、できないことがある。やりたくありません」と言ってきたが、なだめたというのだ。

 捜査結果概要で、具体的な行動が分かるのはここまで。その後については、A巡査長が狙撃の実行犯であり、残りの7人は指示役・見張り役を務めていたことを示唆しているのみだ。

 A巡査長については、まだ事件が発表されない段階でD元幹部に狙撃発生を報告していたことや、アタッシュケースなどから射撃で飛散した粒子が検出されたことを疑わしい点として挙げた。また、ほかの7人についても、分からないはずの弾丸の種類を示唆する記述が教団ビラにあったり、自らは否認しているE大臣らの関与をうかがわせるD元幹部の供述が得られたりしたという。

■朝日「公安部が体面を保とうとした」

 以上のことなどから、捜査結果概要では、当時のオウム真理教幹部ら8人を犯行容疑グループとして特定したと断じている。

 しかし、「グループを構成する個人全員の特定、各個人の果たした具体的な役割の特定には至らなかった」と告白しているように、肝心の事件当日、8人がどんな行動を取ったのか、ほとんど見えてこないのだ。

 警察庁長官狙撃事件では、公安部が捜査の実権を握り、刑事部との連携が働いていなかったと指摘される。事件後に、公安部は、巡査長の供述をつかみながら、警察庁に報告していなかったことが分かり、1996年になって、当時の公安部長が更迭され、警視総監が辞任する騒ぎになっている。

 オウム以外の可能性も指摘され、実際、2008年3月には、別の強盗殺人未遂事件の容疑者が犯行を示唆したと報じられた。しかし、公安部はその後もオウム幹部らの犯行にこだわり、04年7月7日になって、幹部ら4人を殺人未遂の疑いで逮捕した。ところが、十分な供述などが得られず、東京地検が同9月17日に不起訴処分にしている。

 公訴時効を受けた10年3月30日、警視庁の青木五郎公安部長は記者会見で、「オウムのテロ」と断じる理由について、「人権にも配慮して公益性の観点から判断した」「オウムが今なお危険性が認められる団体として観察処分を受けていることにかんがみた」などと説明した。

 とはいえ、被害者の國松孝次元長官が唐突な発表に違和感を訴えたほか、教団を引き継ぐアレフも法的措置の検討を明らかにしている。また、新聞社説も厳しい論調が多く、朝日新聞は「公安部が、警察内外からの批判に反発し、『捜査はここまで肉薄したんだ』と発表することで、なんとか体面を保とうとした」と揶揄した。

 捜査経過の公表は、いかに事件の真相に迫れなかったかを白日の下に晒したとしたら皮肉なことだ。


■関連記事
「元巡査長供述」はかく乱作戦? 警察庁長官狙撃事件 : 2010/03/30
犯人の高笑いが聞こえる 長官狙撃「時効」とお粗末捜査 : 2010/03/30
公安警察が「裁判官」になる国 「オウム犯行」断定会見の是非 : 2010/03/31
地下鉄サリン事件ドラマ その出来映えと「終わらない」現実 : 2010/03/29
横浜商大、「iPhone 3GS」1700台導入 : 2010/03/31

<掘り出しニュース>蒲郡みかん郵便ポスト、駅や市役所に登場(毎日新聞)
ため池で発見の3歳女児、病院で死亡確認(読売新聞)
<名張市長選>亀井氏が3選 三重(毎日新聞)
政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利(医療介護CBニュース)
<自民>新党結成の動き本格化 分裂に現実味(毎日新聞)

自民選対本部に若手登用を表明 谷垣氏「ねじれ起こす」 執行部刷新の声も根強く(産経新聞)

 自民党は1日午前、党本部で両院議員懇談会を開き、党運営などに関して意見交換した。谷垣禎一総裁は近く設置する参院選選挙対策本部に若手を積極的に起用する意向を表明。さらに「参院選で衆参ねじれを起こすことを大きな目標とし、私の覚悟として臨む」と述べ、参院選に敗北した場合、責任をとって総裁を辞任する考えを示した。

  [フォト]執行部を見限った鳩山邦夫氏は亀井氏と楽しそうに会話

 懇談会で、谷垣氏は「私の使命は参院選に勝つことだ。新たに選挙態勢をつくり、若い方々にがんばっていただく」と語り、参院選の勝利に向けた結束を呼びかけた。執行部は、選対本部の本部長代理に舛添要一前厚生労働相の起用を検討している。

 参加議員からは、党の支持率が回復しないことの不満と懸念の声が続出した。山本一太参院議員は「執行部をがらっと変える大胆な人事を実行してほしい」と執行部刷新を要求。「総裁が力説しても空虚に聞こえる。自民党は変わっていない、という声が圧倒的に多い」(河野太郎衆院議員)などの批判も噴出した。

 谷垣氏は「党の骨格人事を大きくいじる考えは毛頭ない」と執行部刷新を拒否した。派閥解消を訴える議員に対しても「本当にいらないと思う人は派閥を出ればいい。派閥の弊害をおさえる努力はする」と語った。

 懇談会は、執行部批判の早期収拾を図り、党の結束を狙ったもの。執行部批判を強め、発言が注目されていた舛添氏や、与謝野馨元財務相は欠席した。

【関連記事】
崖っぷちの谷垣氏ひとまずふんばる 口癖連発…焦りも? 党首討論
「能力、気力欠ける」舛添氏また執行部批判
自民中堅・若手が谷垣総裁に「執行部刷新」を直談判
「党は崩壊寸前」 自民5議員、著書で世代交代要求
自民党苦悩の現場 「邦夫の乱」は沈静も…

「住民の葬儀情報を町議に漏らす」町長を告発(読売新聞)
7月11日投開票=滋賀知事選(時事通信)
窃盗 国重文の仏像、大阪の寺から盗まれる(毎日新聞)
立ち入り9割超で違反、公表制度の創設検討 高円寺ビル火災受け報告書(産経新聞)
後期高齢者保険料、2.1%増=来年度、都道府県格差2倍強-厚労省調査(時事通信)

兵庫・三田の女児虐待 継母を傷害致死罪で起訴(産経新聞)

 兵庫県三田市で女児が虐待により死亡したとされる事件で、神戸地検は25日、長女の寺本夏美ちゃん=当時(5)=に暴行を加え死亡させたとして、傷害致死罪で継母の無職、寺本浩子容疑者(27)=秋田県小坂町=を起訴した。寺本被告は夏美ちゃんが死亡した経緯について一切の供述を拒んでいるという。

 寺本被告は夏美ちゃんが救急搬送された際、「ベランダで転んで頭を打った」と説明していた。しかし転んだ際に生じるはずの外傷がなく、地検は頭を激しく揺さぶられたことによる「乳幼児揺さぶられ症候群」の可能性が高いと判断。当時、自宅には寺本被告と夏美ちゃんの弟である長男(1)しかおらず、寺本被告が何らかの暴行を加えたと断定した。

 起訴状によると、寺本被告は昨年11月24日午後、当時住んでいた三田市の自宅マンションで夏美ちゃんに何らかの暴行を加え、急性硬膜下血腫による脳機能障害で同月29日に死亡させたとされる。

【関連記事】
「まま ずうっとすき」継母はなぜ虐待したのか
同居の4歳女児への傷害罪で継母を起訴 神戸地検
江戸川の長男虐待死 傷害を傷害致死に切り替え 裁判員裁判に
2歳長男虐待死の母親に懲役10年求刑「わが子をゴミ扱いした」
奈良5歳男児餓死 両親を起訴 「認否」は明かさず
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<嵐電>みやびな「京紫」色の車両公開 100周年でお色直し(毎日新聞)
固定翼機の一部、嘉手納移転検討…普天間移設(読売新聞)
不況で共働き増、多数の待機児童出る見通し(読売新聞)
79社の談合を認定 岩手の公共工事で公取委(産経新聞)
普天間移設2案「沖縄を愚弄」激怒する地元(読売新聞)
プロフィール

きつたまさひろ

Author:きつたまさひろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。