スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット選挙解禁へ協議、与野党が初会合(読売新聞)

 与野党は23日、「インターネットを使った選挙運動の解禁についての各党協議会」(座長=桜井充民主党参院政策審議会長)を設立し、国会内で初会合を開いた。

 ホームページ、ブログ、メール、簡易投稿サイト「ツイッター」の4種類を対象に各党の賛否をまとめ、合意できるものから解禁する方針を確認した。今国会で公職選挙法を改正し、夏の参院選からの適用を目指す。

投票用紙2枚渡す? 島根・町議選 最下位同数でくじ引き(産経新聞)
地上、ヘリ両部隊は「65カイリ以内」に=米側が要求-普天間移設(時事通信)
空き巣100件か 中国籍の男女3人を逮捕(産経新聞)
<強盗殺人未遂>タクシー運転手、首切られ重傷 江戸川(毎日新聞)
<毒ギョーザ事件>日中警察会議が終了 捜査協力継続を確認(毎日新聞)

車掌キセル、聞き取り調査は本人のみ…相模鉄道(読売新聞)

 相模鉄道(横浜市西区)の元車掌の男性(28)(16日付で懲戒解雇)がキセル乗車を2年半にわたり繰り返していた問題で、相鉄は16日、横浜市内で記者会見を開き、「(磁気定期券の不正乗車防止システム解除に)関与した駅係員が誰なのか、今も分からない」と内部調査の甘さを明かした。

 聞き取りは元車掌本人しか行っていないという。不正が放置されてきた理由については「内部告発がなかった」とし、チェック体制の甘さも露呈した。

 記者会見で、桜木政司郎・常務取締役らは「多大なご迷惑をおかけした」と深々と頭を下げた。

 内部調査では、元車掌は、2007年10月から5回、別々の後輩の駅係員に依頼し、定期券の同システムを解除した。今年3月12日未明、相鉄湘南台駅で泊まり勤務中に、駅務機器を勝手に使用しているところを同駅係員に見付かり、今回の問題が発覚した。ごまかしたのは都営地下鉄と東急の運賃計11万6000円分だったという。

 また、元車掌は、相鉄には、都営地下鉄志村坂上(東京都板橋区)―JR横浜間の通勤定期を申請していたが、実際には、途中の志村坂上―泉岳寺間しか購入しておらず、不正に通勤手当14万7000円を受給していたという。

 相鉄では、社員には定期券を購入する際、申請している乗車区間を購入したかを上司に報告する義務があったが、元車掌は伝えていなかった。上司が求めていれば、問題が早期にわかった可能性もあった。

 同社は今後、駅務機器を使用する際、駅係員が使用状況を上司に必ず報告し、報告内容と同機器の記録を照合することで、再発を防止するとした。

 相鉄は16日午前、国交省関東運輸局(横浜市中区)を訪れ、今回の問題を報告した。同局は再発防止策の提出を求め、必要に応じて行政指導を検討するとしている。

川内国交委員長が法案に反対=割引財源での道路建設(時事通信)
昔は不登校、今は仕事の挫折で…ひきこもりの高齢化(産経新聞)
3死体遺棄容疑者、被害者宅で「絞殺」と供述(読売新聞)
16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う-佐賀県警(時事通信)
無法「撮り鉄」撮られてた 大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入(産経新聞)

岡田外相、安保理議長として国連本部へ(産経新聞)

 外務省は13日、岡田克也外相が15~18日の日程で国連本部がある米ニューヨークを訪問すると発表した。「紛争後の平和構築」をテーマに16日の国連安全保障理事会で公開討論の議長を務めるほか、アフガニスタンのラスール外相らと会談する。日本の外相が安保理公開討論で議長を務めるのは初めて。

【関連記事】
「普天間、5月に決着する」日米首脳非公式会談
普天間 米大使、地元合意に懸念表明 実務者協議先送り   
政権崩壊まっしぐら?「次は菅総理」黄門様の発言が波紋
福島氏、岡田氏に反論「自覚を持ってグアム・テニアンを提案」
岡田外相、竹島「不法占拠」使わず 日韓関係へ配慮
外国人地方参政権問題に一石

体罰の問題施設名は公表すべき? 橋下知事の判断は…(産経新聞)
空自スクランブル299回 平成21年度、66%はロシア機 (産経新聞)
男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視-阿久根市(時事通信)
ストーカー、被害届前に逮捕も 警察庁が方針通達へ(産経新聞)
<平等院鳳凰堂>柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か(毎日新聞)

高齢夫婦、無理心中か=札幌(時事通信)

 12日午前10時半すぎ、札幌市厚別区もみじ台北の市営住宅の一室で、高齢の男女2人が死亡しているのを介護に訪れた女性ケースワーカー(50)が見つけ110番した。遺体の女性の首には絞められたような跡があり、男性は首をつっていた。2人はこの部屋に住む無職の男性(75)と妻(78)とみられ、北海道警札幌厚別署は無理心中とみて調べている。
 同署によると、2人は寝室で死亡しており、女性は寝間着姿で布団に横たわっていた。室内には遺書のような書き置きがあった。男性は介護が必要な妻の世話をしながら、2人で暮らしていたという。 

外相「空振りもある」緊急援助ドタキャン1800万(読売新聞)
踏切に幼女、非常ブレーキ間に合わず…京都(読売新聞)
B型肝炎訴訟、「具体的な話できる段階でない」―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
沖縄知事「応分負担の用意」=普天間移設、鈴木氏明かす(時事通信)
【単刀直言】松木謙公・一新会事務局次長 幹事長辞任論なら不出馬を(産経新聞)

明細書発行で「医療が良い方向に」―全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)

 全国自治体病院協議会(全自病)の邉見公雄会長は4月8日の記者会見で、4月から原則義務化されたレセプト(診療報酬明細書)並みの明細書の無料発行について、「一番の問題はがんの告知。決まるまではあまり賛成ではなかった」としながらも、「決まったことは守る。それが中医協(中央社会保険医療協議会)の権威を高める」と述べた。その上で、医療行為ごとの点数が患者に分かるようになるなど透明性が高まることから、「医療が良い方向にいくのでは」との期待感を示した。

 また、豊田清一副会長は、「(医師と患者の)コミュニケーションがしっかり取れて、同じ土俵で治療ができるようになるかもしれない」と語った。

 その一方で邉見会長は、レセプト並みの明細書を発行しても、患者には分かりにくいと指摘。「発行する以上は、もう少し分かりやすい体系にしなければいけない」との認識を示した。さらに、「悪性腫瘍管理料」を例に挙げ、「『悪性』と書いたら、絶対に(病名を)告知しなければいけなくなる。(明細書の発行が)患者の不利益にならないよう、努力しなければいけない」と述べた。
 これについて中島豊爾副会長は、「明細書から『悪性』を消して、『腫瘍管理料』として発行している病院がある」と紹介した。しかし、これは厚生労働省の指導に反しているため、「判断が非常に難しい。これから議論になるのでは」とも述べた。


【関連記事】
【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大を了承
医療費の明細書、病名告知との関係に懸念
来年度改定、厚労省・佐藤医療課長に聞く
明細書、窓口対応と入金機の併用は「非常に微妙」―厚労省
明細書、「正当な理由」あっても求めあれば発行-電子請求義務化の医療機関

「選挙なら捕まる」「許されない」=閣僚から発言-若林氏問題(時事通信)
後期高齢者医療制度の保険料、全国平均千3百円増―10年度(医療介護CBニュース)
980人が黙祷 JR西の入社式(産経新聞)
【瞬!感】シャボン玉ができるまで(産経新聞)
川崎でマンション火災 1人死亡2人重体(産経新聞)
プロフィール

きつたまさひろ

Author:きつたまさひろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。